読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Hejdaの見る夢

一人前のエンジニアを目指して頑張ったこととかをつらつら書くブログ

ansible-playbookで[DEPRECATION WARNING]が出た話

環境

# cat /etc/lsb-release
DISTRIB_ID=Ubuntu
DISTRIB_RELEASE=15.04
DISTRIB_CODENAME=vivid
DISTRIB_DESCRIPTION="Ubuntu 15.04"
# arch
x86_64
# ansible --version
ansible 2.0.2.0
  config file = /etc/ansible/ansible.cfg
  configured module search path = Default w/o overrides

事象

上記の環境でansible-playbookを回した場合に下記のように怒られた

[DEPRECATION WARNING]: Instead of sudo/sudo_user, use become/become_user and make sure become_method is 'sudo' (default).
This
feature will be removed in a future release. Deprecation warnings can be disabled by setting deprecation_warnings=False in
ansible.cfg.

公式ドキュメントを読むと、1.9系からはsudoじゃなくてbecomeを使ってねとのこと。

Become (Privilege Escalation) — Ansible Documentation

対処方法

playbook内のsudoをbecomeにする

-  sudo: yes
+  become: yes

と変更すれば、すんなり通る。

もしくはsudo無しで実行してしまう。

個人的には最初の構築はrootで行ない、

構築後の変更(deploy等)はbecomeで行うように用途を分けているのだけれど

そもそも絶対にbecome(sudo)でしか実行出来ない用途が思いつかないので

無しでいいと思ってしまった。